3dプリンターの費用はメーカーによって違う

安心して使い続けるために

トナー

環境保全にも一役買える

大企業でも中小・零細企業でも、昨今では複合機やコピー機を社内に導入しているところがほとんどです。家庭と違い、一日に大量のコピー複写を要する企業では、トナー交換の回数も当然のことながら多くなります。最近では、リサイクルトナーの普及により、複合機メーカーの純正でないトナーを利用する人も多く見られますが、企業の大切な書類を安心した品質で、かつ複合機やコピー機本体の不具合リスクを避けたいのであれば、純正トナーの利用が望ましいと言えるでしょう。リコーでは、使用済みカートリッジの回収は積極的に行われており、顧客に対して面倒な作業は必要ありません。例えば、トナーの交換が近づいてきた場合に、注文と同時に空のカートリッジを回収してもらうことはもちろん可能です。しかし一度に複数のトナーを購入しておき、いつでも交換できるようにしておくと、いつの間にか空のカートリッジだけが溜まってしまうこともあるでしょう。そのような場合でも、リコーでは回収のみでも対応が可能なのです。複合機等をリースや購入した販売店に連絡することで、リコー回収センターへ連絡してもらうことが出来ます。もし、販売店などが不明になってしまった場合でも、リコーではカートリッジ回収受付センターに直接連絡することでも対応が可能となっています。回収業務を円滑に行うことは、企業として環境保全の取り組みの一環となるために積極的に進めていきたいところでもあります。ただし、リコーでの回収業務は純正トナーのみと限定されています。複合機・プリンターの故障トラブルを避けるためにも、純正品の使用を進めている理由なのです。